コーヒーとスイーツの相性はかなり奥が深かった!!

世界中で愛されているコーヒーには、それぞれに合うスイーツが存在します。相性を知っておけば、毎日のブレイクタイムがますます楽しくなるはずです。どんな組み合わせがよいのか、くわしく見ていきましょう。

チョコレートや小豆のあんにも合う

イタリアで生まれたエスプレッソは、細かくひいたコーヒーの粉を高圧蒸気に通して淹れたものです。うまみとコクがぎゅっと詰まっており、ほどよい苦さがあります。

できれば、重厚な風味のあるお菓子と合わせるとよいでしょう。特にチョコレートを使ったアイテムとは相性が抜群です。トリュフはもちろん、濃厚で食べ応えのあるザッハトルテにも合います。

意外なのは、あんぱんやピザにも向いていることです。和菓子の代表格であるようかんを一緒に食べれば、小豆の控えめな甘さがさらに増します。

マイルドなドリンクにはこんなスイーツがおすすめ

エスプレッソをベースにした飲みものとして、いくつかの種類があります。カプチーノは温めた泡立ちミルクを加えたものです。カフェラテは、スチームミルクがミックスされています。

口当たりがまろやかなドリンクには、ワッフルやマフィンといったお菓子がマッチします。生地がしっかりしていてかむごとに味わいがあり、コーヒーやミルクともよく調和するのが魅力です。

クリームとのマッチングもよいため、シュークリームやミルフィーユなどを選ぶこともできます。密度の濃い質感があるスイートポテトもおすすめです。

オールラウンダーのブレンドコーヒーと食べたいもの

「ブレンド」という種類は、酸っぱさと苦みのバランスのよさが特徴です。牛乳と半々にすればカフェオレとなり、優しい味となります。ふんわりした食感の食べ物と組み合わせると、風味が引き立つので試してみましょう。

たとえばシフォンケーキやバームクーヘンなどは、やわらかい口当たりが魅力です。クッキーやマカロンといった、さっくりとした食感のものもよいでしょう。

フランスの朝食の定番であるクロワッサンは、カフェオレに添えられることが多いパンです。ほかにもデニッシュタイプのスイーツ、もちもちしたナンのおともにも最適でしょう。

あっさりしたテイストを楽しむ

コーヒーの中には、焙煎が浅いアメリカン、他の品種の豆を混ぜないストレートといった種類もあります。酸味が強くすっきりとしているので、シンプルな食材とカップリングさせましょう。

朝食で飲むなら、トーストやバゲットのおともに適しています。クリームチーズをはさんだベーグルなども、おいしい組み合わせです。ほのかな酸っぱさがある、ヨーグルトやゼリーのおともにしても違和感がありません。

お菓子であれば、アップルパイやフルーツケーキがよいでしょう。果物の甘みも加わって、さわやかな味のハーモニーを満喫できます。

コーヒーはヨーロッパをはじめとする先進国だけでなく、新興国にも広まりつつある飲みものです。仕事の休憩時間や自宅でのくつろぎタイムを通じて、ベストマッチなスイーツを見つけてみてはいかがでしょうか。

先進国が不況に悩まされる一方で起こっている現状とは!?

新興国の急激な経済発展

世界で一位と二位の人口を誇る、中国とインドの経済発展は、まさに目を見張るものがあります。
様々な分野において、世界から注目されるようになり、多くの国と盛んに取引を行っているのです。
また、オイルマネーによって大成長を遂げた中東国も、まさに世界の経済を大きく担っている存在だと言えます。

新興国の協力が欠かせない時代

これだけ、先進国と新興国で、経済成長に明暗が分かれているわけですから、新興国の協力が欠かせない時代と言えるのです。
もはや、先進国だけで経済成長率を維持するのは困難な時代なので、これからは新興国とも積極的に協力していく必要があるのです。

さらなる新興国の登場も時間の問題

もちろん、上記の国だけに限らず、今後はアフリカの経済成長も見込まれますから、さらなる新興国が登場するのも、恐らく時間の問題だと思われます。
そうなれば、さらに世界情勢は大きく変化すると思われます。

【お役立ちサイト】
うまい青汁
「うまい!」と言いたくなるほど飲みやすい理研の青汁はこちらです

ファミリークレジット
信頼のある3つのプランからお選び下さい

スリムーチョ
重度肥満者だけの利用が限られております!