経済大国が崩れ落ちるのも時間の問題なのか

大きな打撃を与えたサブプライムローン問題

サブプライムローンは、簡単に言えば高金利の住宅ローンを、所得が低い人でも組めるシステムです。
もしも、担保とした住宅の価値が急激に上昇した場合は、金利の低いプライムローンに借り換えることができる仕組むになっています。
それによって、多くの低所得者が住宅の価値が上昇することを信じ、サブプライムローンを利用したのです。
しかし、そのブームもすぐに終わりを迎えてしまい、その結果住宅の価値が上がらないまま、高金利だけが残った低所得者が、次々と自己破産を余儀なくされ、一方でサブプライムローンの債権を購入した投資家も多額の借金を抱えてしまい、それによって金融危機に陥ってしまったのです。

リーマンショックを引き起こす

さらに、サブプライムローン問題が生じたことで、大手のリーマンブラザーズ証券会社が破綻をし、それがリーマンショックとして取り上げられるようになったのです。
それが原因で、世界中の資金の流れが大幅に滞り、大きな不況を引き起こした原因にもなったのです。

現在の金融市場にも問題

どうしても金融市場においては、アメリカの影響がかなり大きいと言わざるを得ません。
しかし、特定の国に金融市場が依存している状態では、その国に経済問題が生じてしまうと、世界の至るところで経済に大きな影響を与えてしまうのです。
そのため、金融市場の分散化をすべき今の時代に、こういったことが起きていることは、まだまだ問題が山積みだと言えるのです。