新興国の目覚しい経済発展が素晴らしい

G20の結成

イタリア、ドイツ、アメリカ、イギリス、フランス、カナダ、そして日本を加えた7つの国が、首脳同士で会議を行うG7も、今はG20として会議を行うようになりました。
特に、中国とインドの経済発展は目覚しく、それらの国が世界に占める経済影響はかなりのものがあります。

軒並み高い経済成長を誇る新興国

先進国の経済成長がやや停滞気味の中でも、新興国は軒並み高い経済成長率を誇っています。
特に、そういった国はBRICsと呼ばれており、先進国に匹敵するほどの資源や産業を抱えているのです。

新興国の人口増加

急速に経済発展が進んでいる新興国は、人口が増加することも予測されます。
他の国の労働者が、働く場を求めて新興国へ移動することが考えられるのです。
一方で先進国は、日本を始め人口が減少傾向にあるため、生産年齢人口の急激な減少が懸念されているのです。

新興国への生産拠点

新興国へ積極的に生産拠点を置く企業も少なくありません。
今後の経済成長を見越して、企業としても大きな飛躍を遂げるチャンスでもあるのです。
ただ、それはリスクが伴う行為でもあり、社会のインフラが不十分だと、大きな打撃を与えてしまう可能性もあるのです。