低コストとGDPが伸びてきた中国経済の成長ぶり

コストの安さが魅力の1つ

中国経済の魅力の1つとして、コストの安さを挙げることができます。
労働コストが安くなっていることから、低コストで物を作ることができるわけです。
近年では、農業や工業の他に、IT分野の生産が注目されるようになっています。

GDPが急上昇

中国のGDPは、世界で第二位にまで急上昇するようになりました。
それによって、世界各国の大企業が、中国経済に進出するようになったのです。

まだまだ大きい中国の経済格差

ただ、これほどまで経済成長を遂げた中国ですが、それでもまだまだ経済格差が大きいのが現状です。
特に、都市部とそれ以外の地方での経済格差は、かなり深刻なものになっているのです。

中国市場の今後の課題

中国市場の今後の課題としては、言うまでもなく経済格差を小さくすることでしょう。
そうすることで、単に中国経済をさらに上昇させるだけでなく、国内総生産も飛躍的に伸ばすことができるはずです。

日本との関係性も強い

もちろん中国は、日本との関係性も強いと言えます。
日本は多くの製品を中国から輸入しており、一方で技術的サービスを中国に提供したりしているので、その繋がりは非常に強いと言えます。
今後に中国経済は、日本にも大きな影響を与えることが予測されます。