中東の経済を支える多額のオイルマネー

原油価格の高騰も大きな要因

多額のオイルマネーが流れ込んだのは、単に原油が豊富だというだけではありません。
アメリカを始めとした、原油価格の急激な高騰も大きな要因だと言えます。
それによって、多くの国が中東の原油を求めるようになり、それがオイルマネーへと繋がったのです。

新しいエネルギーの開発を見越している

ただ、いくら豊富にある原油も、いずれは枯渇することが予測されるわけです。
そのため、原油に変わる新しいエネルギーの開発を見越しているのです。
OPECの結成により、新しいエネルギーを主導として開発にあたっているのです。

オイルマネー以外の経済も成長

また、ドバイなどは貿易や観光によって飛躍的な経済成長を遂げました。
オイルマネー以外でも、経済発展を遂げていることから、今や中東経済の中心的存在と言っても過言ではないと言えるわけです。

中東経済の今後の課題

目覚しい成長を遂げる中東の経済ですが、今後の課題としては世界的な経済取引とはまだまだ発展途上の状態です。
そのため、今後はアジアやヨーロッパを始め、より多くの国との経済取引を進めていくことが、さらなる経済成長の鍵になってくるでしょう。
もちろん、それは中東国だけに限らず、どの途上国にも言えることではありますが。